子どものこころのケア

子どものトラウマへの心理教育

トラウマの心理教育とは、子ども本人や保護者、子どもを支援する人達に、トラウマ体験とはどのようなできごとなのか、トラウマによる反応や症状にはどのようなものがあるのかをわかりやすく説明することです。子どもは、さまざまな反応や症状が、トラウマ体験によって生じる自然で当然の反応であることを知ることによって、安心感を高め、回復への第一歩を踏み出すことができるようになります。

心理教育に役立つ絵本

傷ついた子どものこころに適切な情報を届けるためのツールとして、絵本は最適なものです。子どもによっては、つらくて怖い体験に触れることが難しい場合があります。絵本の中の登場人物(動物)が自分と同じトラウマ反応を示しているのを見て、子どもの孤立感は和らぎます。回復していく登場人物(動物)にわが身を重ね、子どもは治療への意欲を高めることができるのです。この絵本シリーズは、一般の子どもたちの健康教育のための教材としてもご利用いただけます。

子どものトラウマ治療のための絵本シリーズ(誠信書房)

マーガレット・ホームズ作、キャリー・ピロー絵(飛鳥井望、亀岡智美監訳、一杉由美訳)
こわい目にあったアライグマくんが、症状に苦しみながらも、治療を受けて立ち直るお話です。一緒に絵本を読みながら、「私とおなじだ!」「ぼくもそうだ!」という子どもの声をたくさん聞きました。

ジェシー作・絵(飛鳥井望、亀岡智美監訳、一杉由美訳)
性的虐待を受けた少女が、自分の体験と気持ちを絵本にしたものです。素朴な絵とお話が不思議と子どものこころに響きます。

ロビー・ハリス作、ジャン・オーメロッド絵(飛鳥井望、亀岡智美監訳、遠藤智子訳)
少年がペットのねずみちゃんの死を受け入れる過程が描かれています。喪失に伴う子どもの悲しみに、周囲の大人がどのように寄り添えばよいのかが心温かく描かれています。

心理教育に役立つ冊子

こころとからだのケア~こころが傷ついたときのために~第2版  (PDFファイル/11.9MB)

平成22年度厚生労働科学研究費補助金により作成
第2版国立成育医療研究センターこころの診療部 発行
子ども本人と保護者の方々へ

こころとからだのケア保護者の方々へ  (PDFファイル/22.6MB)

兵庫県こころのケアセンター監修 宮城県発行

こころとからだのケア教職者用  (PDFファイル/21.8MB)

兵庫県こころのケアセンター監修 宮城県発行

これらの冊子の著作権は保護されています。コピーもしくは電子媒体による再頒布は自由ですが、 内容の改変はできません。本冊子を使用したり、内容を引用したりする場合は、引用元をかならず明記してください。許可なく商業活動において使用することは禁じます。



HOME子どものこころのケア