こころのケア

喪失感

イメージ

誰にもわかってもらえない…大切な人をなくされた方へ


誰にもわかってもらえない…大切な人をなくされた方へ

どんな感情も受け入れましょう

小さな子どもには赤ちゃんがえりが起こりやすいようです。以前より良く甘えるようになった、なかなかお母さんのそばを離れることができない、ひとりでトイレにいけなくなった、お母さんがそばにいないと眠れないといった子どもたちはいませんか。

感情を表現しましょう

少年期の子どもは恐怖などの感覚は強いものの、うまく表現できないために、いらだちを見せたり、無気力になって引きこもったりすることが多いようです。以前に比べて粗暴になったり、弟や妹をよくいじめる、あまりお話ししなくなった、どことなく元気がないといった子どもたちはいませんか。

自分と家族をいたわりましょう

思春期になると子どもたちは大人に似た気持ちの変化を経験します。ただその気持ちは、不登校、いじめやいじめられ、粗暴な言動あるいは非行など、この年代特有のかたちで表現されることが多いようです。
自分と家族をいたわりましょう

イメージ

自分と家族をいたわりましょう
子どもたちは、自分なりの方法で気持ちを表現しようとします。それは言葉でないこともあります。うまい表現でないかもしれませんが、じっくり聞いてあげましょう。

イメージ

自分と家族をいたわりましょう
子どもたちの感じていることは家族の気持ちを代表している場合があります。そしてそれが家族関係の問題を解く鍵を握っていることもあります。子どもたちの問題を家族全体の問題として考えてみましょう。

イメージ

自分と家族をいたわりましょう
つらい体験をどうやって乗り越えたか、人のために役立てたことなど、経験から得たことを話し合ってみるのはいい方法です。

イメージ

自分と家族をいたわりましょう
家族や周囲の対応だけでは、上手く解決できない問題もあります。そんな時は専門家へ相談してみましょう。専門家はその子にあった解決の方法を見つけてくれるでしょう。

イメージ



こころも「ケガ」をします

大切なヒトをなくされた方へ

誰かのために一生懸命働いてきた方々へ

少しだけ家族関係について



HOMEこころも「ケガ」をします子どもたちに新しい元気をこのページのTOPへ