施設概要

施設概要

イメージ

兵庫県こころのケアセンターとは

兵庫県では、平成7年の阪神・淡路大震災を契機として、被災者や被害者のトラウマ(心的外傷)や、その結果として生ずるPTSD(心的外傷後ストレス障害)などの「こころのケア」に取り組んできました。
兵庫県こころのケアセンターは、平成16年4月に「こころのケア」に関する調査研究、人材育成・研修、相談・診療、情報の収集発信・普及啓発、連携・交流など、多様な機能を有する全国初の拠点施設として開設されました。

組織図

センター長

加藤 寛

精神科医 医学博士

宮崎県生まれ。神戸大学医学部卒業。 都立墨東病院で精神科救急の実践を行った後、1995年から阪神・淡路大震災の被災者支援機関「こころのケアセンター」に所属した。2004年からトラウマ・PTSDの専門機関「兵庫県こころのケアセンター」に所属。2012年4月より現職。

■著書
『消防士を救え!――災害救援者のための惨事ストレス対策講座』(東京法令出版)
共著に『災害とトラウマ』(みすず書房)、『阪神・淡路大震災から東北へ』(講談社)など。

■ご挨拶
こちらをクリック

施設紹介

■施設紹介
こちらをクリック

事業報告書

本センターの年度毎の活動実績をご紹介します。

平成28年度

平成27年度

平成26年度

業績評価

本センターの調査研究、その他の事業等の適正かつ効果的、効率的な遂行を図ることを目的として業績評価を実施しています。

平成27年度実施分

平成26年度実施分

平成25年度実施分

平成24年度実施分

平成23年度実施分

平成22年度実施分

平成21年度実施分

平成20年度実施分

平成19年度実施分

平成18年度実施分

兵庫県こころのケアセンター外部評価委員会について



HOME施設概要